運動療法を学ぼう!ダイエットクリニックで行われる指導とは?

ダイエットに欠かせない運動の目的

ダイエットクリニックで行われる指導の内容として重要なものの一つが運動療法です。ダイエットをする上では余分な脂肪を減らしていく必要があり、ダイエットを達成したらその身体を維持していけるようにしなければならないでしょう。この二つの観点から役立つのが運動であり、ダイエットには欠かせないものと理解しておくと良いでしょう。脂肪燃焼とリバウンド防止という二つの目的を同時に叶えるための運動療法がダイエットクリニックでは行われています。

脂肪燃焼を行うための有酸素運動

ダイエットの主な目的の一つである脂肪を減らすための運動療法は有酸素運動の取り入れです。一週間に二日以上は三十分以上の有酸素運動を行うという指導が最も典型的なものであり、多くの患者が運動療法として取り組んでいます。有酸素運動はジョギングや水中歩行程度の軽い運動であり、脂肪をエネルギーとして利用するのに適した負荷となるのが特徴です。長時間行うとその分だけ脂肪が消費されるため、三十分を最低ラインとして設定するようになっています。

リバウンド防止のための筋肉トレーニング

脂肪を減らすだけなら有酸素運動で十分ですが、有酸素運動をする習慣ができているとやめた途端に太り始める場合があります。リバウンド防止のためには基礎代謝量を着実に上げていく視点が必要です。そのために行われる運動療法が筋肉トレーニングであり、週に一度以上の筋肉トレーニングを取り入れる指導がダイエットクリニックではよく行われます。筋肉は代謝量が大きいため、筋肉をつけると基礎代謝によるエネルギー消費が大きくなります。これがリバウンド防止につながるため、運動療法として有酸素運動と併用されるのです。

ダイエットクリニックは、一般的な内科よりも詳しい検査などの設備が充実しており、効果的な減量効果を得るうえで、医師の経歴や患者の感想などを確認する必要があります。