メスを使わないでわきがの治療ができるミラドライという方法

従来の手術はメスで切開するので傷が残ります

わきがで悩む女性にとって福音ともいえる治療法がミラドライです。これはメスを使わない治療法として注目されています。従来のわきが治療では臭いの原因であるアポクリン腺を手術で除去していたのです。皮膚を切開するので傷跡が残るというデメリットがあったのです。そのため手術に踏み切れず、わきがに悩むというケースが多かったのです。ところがメスを使わないミラドライという治療法が開発されたので、わきがに悩む多くの人が注目するようになったのです。

マイクロウェーブという電磁波を照射して治療します

ミラドライとは、マイクロウェーブという電子レンジでも使用されている電磁波を患部に当てて治療します。電磁波を当てることで皮膚内部の水分を高温して、わきがの原因であるアポクリン腺の組織を熱で破壊するのです。早い人なら1回か2回の治療で長期間臭いを抑えることができるので、根本的な治療ができます。最近はミラドライを導入するクリニックが増えているので、ネットで最寄りの皮膚科を調べれば見つけることができます。

効果は個人差があるので医師のアドバイスを受けて施術する

メスを使わない治療法なので、治療後のダウンタイムも短くてすむというメリットがあります。ただしミラドライにはリスクもあります。最も多いのがワキの下の臭いが治まったのに、別のアポクリン腺の働きが活発になってしまうケースです。これは個人差があるので一概にはいえません。1回の治療で完全に臭いが消えてしまう人もいます。施術を受けるか受けないかはクリニックの医師の診察を受けて、適切なアドバイスの元で決める必要があります。

ミラドライとは、傷跡ができない多汗症とわきがの治療法です。マイクロ波を当てることにより、汗腺を壊すことができ、長く効果が続きます。