切らないたるみ治療いろいろ

たるみが起こる原因は

加齢とともに気になってくるのが、顔のたるみです。たるみが起こる原因のひとつは、肌の弾力性が低下していることです。肌は真皮内にあるコラーゲンやエラスチンといった成分によりハリを保っています。それらの成分が加齢とともに質が変化して、肌の弾力が失われることが原因です。また、皮下脂肪が代謝の衰えによって肥大化してしまいます。それが重力の影響で皮膚が下がってしまいます。そして、筋肉の低下も原因です。顔の表情筋は直接皮膚についていることもあり、顔の筋肉が衰えてくると皮膚や皮下脂肪を支えきれなくなってしまいます。

切らずにできる施術が人気

顔のたるみを根本から解消するなら、フェイスリフト手術などの外科的手術ですが、切る手術は体にリスクが大きいといえます。最近主流となっている顔のたるみ治療法は、高周波やレーザーを使用したものです。高周波やレーザーなどの熱エネルギーを照射することで、肌を傷つけずに真皮部分に刺激をあたえてたるみを改善できるものです。切らない施術なので、体への負担も少なく、傷跡や感染症のリスクがないところがメリットといえます。

人気のサーマクールとは

たるみ治療で人気があるもののひとつがサーマクールです。サーマクールは、ラジオ波の熱エネルギーによって真皮へ刺激を与え、コラーゲン生成を促すことのできる機器です。皮膚のコラーゲンが熱により変化して収縮することにより、施術を行った後に引き締め効果が得られます。また、熱によって刺激を受けた皮膚が修復する過程で生成されたコラーゲンが、肌のハリを取り戻してくれます。たるみを改善するとともに、しわの改善にもつながります。

サーマクールは肌の深部に高周波照射して熱を加えることによりシワやたるみを解消させるアンチエイジング治療のことです。