インプラント治療をしました。

歯を失ったままにしておくと。

歯を失って歯医者に行くと、そのまま抜歯したままか、入れ歯かインプラント治療という選択肢があります。そのままでも過ごせるみたいで、治療をしないのでお金が全くかからないというメリットがあります。しかし、歯と歯が並んでいないと、その周りの歯が虫歯菌に侵されやすいこと、下の歯が何本か並んで欠損していると、その上の歯茎と歯がどんどん下に下がってきてしまいます。すべてそろっていないと、噛み合わせも悪くなり周りの首や肩などが歪むなど悪影響があります。

インプラントか入れ歯か。

歯を失った所を治療する時に、現在の医療だと入れ歯かインプラント治療しかありません。入れ歯は保健治療が適応となりますが、インプラント治療はほとんどが自費になります。高齢だと入れ歯でも受け入れられますが、年齢が若いと入れ歯はとても抵抗があります。しかし、とてもお金がかかります。1本あたり30万程度が相場です。そして、歯が長期にわたり欠損していると、全体の歯の並びが歪んでいることがあるので、同時に矯正治療が必要なことがあります。

インプラント治療の実際

インプラント治療を開始する場合、まず歯のレントゲンや全身の写真、型取りなど、数万円近い検査料がかかります。それを元に治療計画がされ、期間や値段などが決定します。同時に矯正治療が必要な場合は同時に治療されますが、その場合矯正治療の料金が割引になることもあります。インプラント治療は手術なので、手術で1〜2時間の時間を要しその前後で洗浄やレントゲン撮影があるので半日ほどかかります。値段は、一括やローンなど、クリニックによって様々です。

杉並区で行うインプラントは、高度な技術で、それぞれに口に合わせた納得のいく治療を受けることができます。