肥満治療の治療法の種類について

肥満治療の食事療法について

肥満治療では、食事療法が行われます。しかし、無理に食事制限をしてしまうと、健康を損なう恐れがあります。そのため、医師や管理栄養士の管理のもとで行われます。まず、対象となる人の年齢、身長、体重から、適正エネルギー量を割り出します。そして、その人のライフスタイルや、住んでいる地域に合わせて、それぞれに合った食事療法を行っていきます。食べ物に関しての好き嫌いや、何か心配なことがある場合は、すぐに相談すると良いです。

肥満治療の運動療法について

肥満治療の運動療法も、医師や管理栄養士の指導のもと行われます。この場合も、食事療法と同じく、無理な運動は健康を損なうだけではなく、命の危険があるからです。理由は、肥満と診断されている人は、ほかの疾患を患っている場合があります。例えば、血圧が高くなってしまう高血圧も抱えており、その病気が重度であると、運動をすることで命に関わる事態になってしまうからです。対象となる人の肥満以外の疾患も考えて、適切な運動療法を受けることが大切です。

肥満治療には周りの人のサポートが大切です

肥満治療は、それまでの生活スタイルを変えなければならないことが多いです。その場合、対象となる人自身のだけの努力では、肥満を改善することが難しい場合があります。その時には、家族や友人や周りの人の手助けがあることで、大きな改善を期待することができます。しかし、ここで注意しなければならないことが、過度な応援を避けることです。過度な応援がプレッシャーになってしまい、改善が見込めなくなってしまう場合もあります。対象となる人に適した治療方法を見つけ、それをあたたかく見守ってあげることが大切です。

肥満治療では、運動の指導が行われます。自分で手軽に行える運動には、ウォーキングやジョギングなどがあります。