わきがのニオイの原因は

アポクリン腺の汗と細菌の影響

わきがは汗かきの人がなると思っている人もいますがそれは間違いです。脇から出る汗はアポクリン腺とエクリン腺の2種類があります。嫌なニオイの原因となるのがアポクリン腺でエクリン腺は通常の汗が出る汗腺です。しかしアポクリン腺から出る汗自体は無色、無臭で初めからニオイがあるわけではありません。汗の成分が脇に増殖した細菌によって分解される時にあのツーンとした嫌なニオイを発するのです。またエクリン腺から出る汗もニオイを強める原因となります。

体温の上昇と関係なくでる汗

わきがの汗は体温の上昇や気温の高さなどに関係なく出てきます。冬の寒い日でもいつの間にか脇の下が汗でぐっしょりとなっていることもあります。エクリン腺から出る汗は、体温が高いときや暑い時に出る汗です。多汗症と言われる症状の人はエクリン腺から出る汗が原因です。わきがのニオイを消すためには殺菌や消臭クリームやスプレーなどを使う人もいます。しかしこれは一時的な効果しかないので根本的に治すには病院で治療することが大切です。

通院しやすい場所にある病院選びが大切

病院の治療ではボトックス注射を脇の下にすることで汗の量を減少させることができます。またアポクリン腺自体を手術でとってしまうこともあります。その時にエクリン腺も除去し、脇汗そのものを出さないようにする場合もあります。ボトックス注射は持続期間が短いので定期的な治療が必要となります。アポクリン腺除去の手術は回数を分けて手術をするので通院が必要です。そのため病院選びは通院しやすい場所にある所を選ぶことが大切です。

わきがは特定の汗腺から分泌される体液が原因で生じる特有の臭気を指します。通常の汗臭さと異なり、発汗量に関係無く強い臭気が生じる他、衣類の生地に黄色いしみを作ることがあります。